FC2ブログ

アメリカの思い出 その2

2010.12.08 16:29|未分類
どうも。

通勤電車では英会話の本を読みはじめたカイです。

もう、ひと月も前の事になりますがアメリカの話の続きです。

むこうは全体的にテキトーなところはテキトーで、あまり細かいところを気にしないのか、とても居心地がよかったです。

あと、自分の体格のせいかアメリカ人たちに混ざっても違和感なかったらしいです。

出発前の成田空港でも「なにかの日本代表の方ですか?」と聞かれてしまいました。

アメリカの食事は期待どおりのボリューム、ハイカロリーで、日本ではいつも物足りなさを感じている自分にとってはちょうど良かったです。

デカくてうまいステーキも食えて幸せでした。
DSC00303.jpg

帰国後にはしっかり短期間で2kg増量できてました。

それと、身体を鍛える人たちにとっては重要なタンパク質の摂取もアメリカならではの環境があり、街の普通のスーパーにプロテインだったり、ドリンク売り場に高タンパクなジュース(?)みたいなのがあったり、いろいろ日本より安く売ってたりします。
DSC00311.jpg

プロテインと聞くと知らない人は、飲んだら筋肉ムキムキなると思っている人もいまだにいるようですが、ちょっとというかかなり違います。

プロテインはタンパク質の栄養補助食品にすぎず、薬物的な筋肉増強の効果はないです。

英語のプロテイン(タンパク質)の語源は、ギリシャ語のプロティオス(第一位のもの)であり、プロテイン(タンパク質)は、「生物の第一の構成要素」という意味合いがあります。

たとえば外見だけに限って言っても、人間の筋肉も皮膚も髪も爪も構成・成長のためにはプロテイン(タンパク質)という材料が必要です。

そのために身体を鍛えてる人たちはプロテイン(タンパク質)を飲みます。

でも、プロテイン(タンパク質)の過剰摂取も良くなく、体脂肪の蓄積につながったり、腎臓などに負担をかけてしまうことにもなるので、基本は普段のちゃんとした食事をベースに補助的に計算して飲むものだと思います。

そんな、スーパーで買物をしているだけでも、日本のフィットネス業界はアメリカよりも10年遅れているといわれるような意見の一端を垣間見たような気がしました。

おわり。


西船橋駅前整体院の公式HPはこちら↓
西船橋駅前整体院

今話題の加圧トレーニングはこちら↓
加圧トレーニング




 
スポンサーサイト



プロフィール

西船スタッフ

Author:西船スタッフ
いつもご愛読いただき
ありがとうございます。
MINATOカイロプラクティック
西船橋駅前整体院
MC加圧トレーニング
東西線・JR西船橋駅南口から徒歩1分。
土日も営業しています。
【現在ブログの更新を休止しております。詳しくは、最終更新記事に記載しております】

最新記事

カテゴリ

ブログ写真一覧

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

  • ページトップへ
  • ホームへ